Blog&column
ブログ・コラム

M&Aにコンサルティングは必要なのか

query_builder 2021/12/01
コラム
1
M&Aを検討した場合、仲介業者やM&Aアドバイザーといった専門業者のコンサルティングを依頼するのが一般的です。
しかし、コンサルティングを依頼すると費用かかってしまいますので、躊躇される方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、コンサルティングの必要性についてお話させていただきます。

M&Aのコンサルティングとは
M&Aのコンサルティングとは、相談や準備・契約など、M&Aに関する実務のサポートを専門業者に依頼することを指します。
M&Aは財務や法務、税務といった様々な分野の専門知識が必要不可欠。
専門知識や豊富な経験がないと、相場よりも安く買収されてしまったり、相手に有利な条件で交渉を進められたりする恐れがあります。
しかし、コンサルティングに依頼することで最適なサポートがあるので、より良いM&Aが実現するのです。

▼「M&A」仲介業者とコンサルタントの違い
仲介業者は、売り手と買い手の間に立って「中立」な立場で交渉を進めます。
そのため、両者から報酬をもらうのが特徴です。
一方、M&Aコンサルタントは、M&Aアドバイザーとも呼ばれ、買い手、もしくは売り手のどちらか片側についてサポートを行います。
報酬も、サポートした側からのみ受け取ります。

▼まとめ
M&Aを行う際は、幅広い知識や豊富な経験が必要です。
不利な状況で交渉を進められてしまう場合があるので、実績豊富なコンサルティングを依頼してみてはいかがでしょうか。
CONCERTOは、コンサルタントとして幅広い知識と豊富な経験を活かして企業をサポートしております。
M&Aについても円滑に進むようアドバイスいたしますので、お気軽にご相談ください。

NEW

  • 経営診断

    query_builder 2021/12/20
  • 経営計画の作り方

    query_builder 2022/08/15

CATEGORY

ARCHIVE