Blog&column
ブログ・コラム

M&Aの目的とは

query_builder 2021/12/21
コラム
6
企業の売却や買収を行うM&A
買収を行う側にはもちろん、売却を行う側に目的があるんです。
今回は、どのような目的でM&Aを行うのか、お話していきたいと思います。

▼「M&A」企業買収の目的
企業を買収する目的の一つは「事業拡大の時間を短縮する」ということが挙げられます。
新規事業を作り、それを軌道に乗せるまでには、膨大な時間と労力が必要です。
既に結果を出している事業を買収すれば、その時間を短縮できるだけでなく、自社だけでは不足していた技術やノウハウ、市場を獲得することもできます。
子会社同士を統合し、重複する部門をなくして費用を抑える「合併」や、一部の事業だけを売却する「会社分割」など組織再編を目的としたM&Aもあります。

▼「M&A」企業売却の目的
事業売却の目的は、事業を売却しその利益を得ることですが、後継者不足によって企業を売却するケースも多くみられます。
現在、日本の経営者は、引退を考えている年代の方が多く、そのほとんどが「後継者がいない」と悩んでおられます。
廃業してしまうと、従業員は新たな働き口を探すことになりますし、取引先も仕事を失うことになってしまいます。
企業を売却することで、取引や雇用を維持することができるだけでなく、技術やノウハウも引き継いでいくことができるのです。

▼まとめ
M&Aの目的は「時間をかけずに事業を拡大する」「組織を再編集する」などが挙げられます。
適切な後継者がいない場合も、企業を売却して業務を継承してもらうケースもあります。
経営に関するお悩み事は、CONCERTOにご相談ください。
M&Aや事業承継についても、円滑に進むようサポートいたします。

NEW

  • 経営診断

    query_builder 2021/12/20
  • 経営計画の作り方

    query_builder 2022/08/15

CATEGORY

ARCHIVE