Blog&column
ブログ・コラム

事業継承を行う際のM&Aの流れ

query_builder 2021/12/25
コラム
7
会社の後継者がいない場合など、企業の売却を考える方も少なくありません。
M&Aには様々な種類がありますが、事業継承を行う場合のM&Aはどのような流れになるのか、解説していきたいと思います。

▼事業継承を行う際のM&Aの流れ
■準備
資産状況や株式保有状況など、経営状況を把握し、まずは会社にどれくらいの価値があるのか見直します。
それをもとに、会社概要書や事業継承計画書の作成を行います。

■交渉
まずは企業の特定を伏せ買い手に情報を提示します。
自社が「M&Aを検討している」という情報が出回り、事業に悪影響が及ぶのを防ぐためです。
交渉が進み、秘密保持契約を結んだ段階で詳細な情報を開示します。
トップ面談を行い、合意を得ることができれば契約へ進みます。

■契約
双方の意向が固まったら基本合意書を取り交わします。
最終契約を締結に向けて、法務・財務・税務・ビジネスや環境など、様々な方面の調査をその分野の専門家が担当します。

■クロージング
株主総会の承認、従業員や取引先の説明などを行います。
また、クロージング後にも取引に関する契約や不動産、知的財産権など、個別に移転登録の手続きが必要です。

▼まとめ
事業継承を行う際の、M&Aの大まかな流れをご紹介させていただきました。
幅広い分野の様々な専門的な知識が必要となりますので、専門業者にアドバイスをもらいながら準備、交渉を進めましょう。
CONCERTOでは、企業のコンサルティングを行っており、M&Aや事業承継についても円滑に進むよう二人三脚で歩んでまいります。
企業コンサルティングをお求めの際や、M&Aをご検討中の場合はぜひご相談ください。

NEW

  • 経営診断

    query_builder 2021/12/20
  • 経営計画の作り方

    query_builder 2022/08/15

CATEGORY

ARCHIVE