Blog&column
ブログ・コラム

日本企業が海外に進出するメリットについて

query_builder 2022/05/08
コラム
30
現在多くの日本企業が、海外進出を果たしています。
では、海外進出にはどのようなメリットがあるのでしょうか?
現在海外進出を考えている経営者は、参考にしてみてください。

海外進出のメリット
■販路の開拓や拡大
日本市場は、少子化などの影響もあり縮小しています。
しかし海外に進出することで、市場規模の拡大が望めます。
日本のみで商売をするよりも、何倍もの利益を得られる可能性があります。
また日本の商品やサービスには、海外にはない日本独自のものがあります。
そういったもののなかには、海外での需要に火がつき大きな利益を得られるものがあるかもしれません。

■コスト削減
海外進出によって、人件費や原材料費などのコストを削減できます。
例えば東南アジアの新興国に進出した場合、人件費を20%程度にできます。
材料費も、日本国内で調達するより大幅に削減できるでしょう。
コストを削減することで、より大きな利益を得られます。

■節税対策
日本の法人税率は、会社の規模などにもよりますが2021年現在23.2%です。
しかし海外には、日本よりも法人税率が低い国が多くあります。
また海外には、外資の法人税を優遇している国もあります。
こうした国に進出することで、節税効果を得られます。

▼まとめ
日本企業が海外に進出することで、さらに大きな利益を得られるチャンスがあります。
またそれだけではなく、節税効果を期待できるなど様々なメリットがあります。
CONCERTOでは、海外進出のご相談も承っております。
海外進出を検討中の経営者様は、お気軽にご相談ください。

NEW

  • 経営診断

    query_builder 2021/12/20
  • 会社の幹部に必要なスキルとは

    query_builder 2022/05/22
  • 海外進出に向けた事業計画を作成する目的とは

    query_builder 2022/05/15
  • 日本企業が海外に進出するメリットについて

    query_builder 2022/05/08

CATEGORY

ARCHIVE